愛甲石田駅徒歩3分 予約不要 保険診療

社会不安障害(SAD)|厚木 本厚木 愛甲石田【クリニック原】

〒243-0035 神奈川県厚木市愛甲1-3-2

046-250-6995

メニュー

社会不安障害(SAD)

社会不安障害(SAD)

以前の対人恐怖症がこれに近いもので、人前で話したり,初対面の人と会ったり、目上の人の前に出ると緊張したり、あがってしまい、言いたいことが言えなくなるなどといったことが高じて、会社を辞めたくなったり、家に閉じこもることになってしまう状態を言います。

例えば結婚式のスピーチを頼まれて、「ちょっと恥ずかしいな」と思うのは誰にでもあることですが、スピーチを頼まれた時から失敗して他人から馬鹿にされはしないかと考えプレッシャーを感じて苦しい日々を過ごしたり、マイクの前に立ったもののふるえが止まらず、声もうわずり、スピーチを続けられなくなってしまう。このように、他人に悪い評価を受けることや、人目を浴びる行動への不安により強い苦痛を感じたり、身体症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたすことを、社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)といいます。

この社会不安障害(SAD)は性格の問題ではなく、精神療法や薬物療法によって症状が改善することがある心の病です。ちょっと恥ずかしいと思う場面でも、多くの人は徐々に慣れてきて平常心で振る舞えるようになりますが、社会不安障害(SAD)の人は、恥ずかしいと感じる場面では羞恥心や笑い者にされるのではという不安感を覚え、そうした場面に遭遇することへの恐怖心を抱えています。思春期前から成人早期にかけて発症することが多いこの病気は、慢性的になり、人前に出ることを恐れるようになると、「うつ病」等のさらなる精神疾患の引き金となることもあります。日本国内に推定で約320万人以上の精神疾患の患者さんがいると言われており(参照:https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/data.html)、現代社会では多くの患者さんを抱える一般的な病気です。この病気にかかるのは決して特別な人ではなく、現在も海外では多くの患者さんが医療機関での治療を受けています。

社会不安障害(SAD)の原因

その原因はまだはっきりとは分かっていません。しかし、神経系疾患に関する研究がすすんできた今日では、脳内にあるセロトニン等の神経伝達物質がSADの発症に関わっているのではないかと考えられています。

脳にはおよそ140億個もの神経細胞があり、それらの神経細胞は、神経伝達物質の制御を受けることで、協調して働き、脳全体の機能を調節しています。セロトニンもそうした神経伝達物質の一つですが、そのバランスが崩れてしまうことが、SADを発症させる原因ではないかと考えられています。また、セロトニン同様にドーパミンという神経伝達物質のバランスが不安定になることでも不安を誘発するのではないかと言われており、神経伝達機能が正常に作用すれば不安状態は発生しにくいと考えられています。

診察のポイント

  • どんな時に不安を感じるのか
  • どんな症状が現れるのか
  • いつ頃から症状が現れてきたか
  • 症状は今までにどのように変化してきたか
  • きっかけとなるような出来事はあったか
  • 学校や職場で気になることはどのようなことか
  • 家族構成や家庭環境
    これまでの学校生活や職業経験
  • どんな性格か
  • ほかの病気にかかっているか
  • のんでいる薬はあるか・・・など

社会不安障害(SAD)の治療法

薬物療法は不安感情を抑えることを目的とし、学校や職場を避ける等の回避行動を減らし、不安時の身体的症状の緩和を図ります。 治療に用いる薬は以下の通りです。 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

あらゆる社交的場面や「人前で話す」「電話に出る」「注目を浴びる」などの状況で、強い不安を感じてしまうSADの治療には、抗うつ作用と抗不安作用をもつSSRIが用いられるケースが多く見られます。欧米では治療に利用されており、その効用が本邦でも認められています。SADの原因は、今のところはっきりとはしていませんが、神経伝達物質であるセロトニンの放出バランスが崩れていることが原因の一つではないかと考えられています。SSRIは、一旦放出されたセロトニンが、もとの神経細胞に再取り込みされることを防ぐことで、神経細胞間の遊離セロトニン量のバランスを保つ薬剤です。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬

SSRIに比して即効性があるため、SSRIの働きが現れるまでの間に用いられます。あるいは強い不安に基づく身体症状に対して多く用いられます。

β遮断薬

もともとは高血圧症等に用いられる循環器系の薬ですが、ヨーロッパでは多く用いられており、「非全般型」には働きはあるが、「全般型」には、作用があまりみられないとされています。