愛甲石田駅徒歩3分 予約不要 保険診療

クリニック原の薬物療法|厚木 本厚木 愛甲石田【クリニック原】

〒243-0035 神奈川県厚木市愛甲1-3-2

046-250-6995

メニュー

クリニック原の薬物療法

クリニック原の薬物療法

薬には内服薬、点鼻薬、点眼薬などがありますが、その成分は主に以下のものになります。

抗アレルギー薬
免疫細胞の細胞膜を安定させます。作用が出るのは飲み始めてから数日から2週間かかると言われています。長い期間使え、眠気もあまりありません。花粉症のシーズンが始まる2週間ほど前から点眼や内服を始めて、花粉症を予防してください。一旦症状が緩和して中止すると、また飲み始めて効き始めるまでに時間がかかります。

抗ヒスタミン薬
アレルギー症状の原因物質(ヒスタミン)のはたらきを抑えます。薬には即効性があるので症状が出ているときに使用します。内服薬は眠気や咽のかわきの副作用がありますが、最近では、あまり眠くならない薬も出ています。

抗ヒスタミン薬+ステロイド薬配合薬
症状がひどい人に使います。長期(一年間使うなど)の使用はお薦めできません。症状を早く抑えたいとき、症状がひどくて我慢できないとき、など、必要なときだけ使用するのがいいでしょう。用量を守る限り、ほとんど危険性はありません。長期に使用してしまうとむくみや脱毛などの副作用が出ることがあります。

局所ステロイド薬
点眼、点鼻など、症状のひどい部位に直接作用させることができます。局所的な作用のみで、全身の副作用がすくないです。

  • 花粉症の鼻の症状には抗アレルギー薬やステロイド薬の点鼻
  • 花粉症の目の症状には抗アレルギー薬やステロイド薬の点眼や軟骨塗布
  • 抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤あるいはステロイド薬の内服が行われます。

但し、ステロイド薬には副作用があるので、重症の場合のみ副作用のチェックをしながら治療をおこないます。また、抗ヒスタミン薬は眠気の副作用があるものがほとんどなので、車やバイクの運転をする場合は、薬の選び方が重要です。

花粉症注射(ヒスタグロビン注射)
花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息などで保険適応があり、花粉症ではヒスタミンという物質が過剰な生体反応を起こします。ヒスタグロビンを定期的に注射することで、この抗体をつくりアレルギー反応でヒスタミンが生産されても、耐性ができて反応を抑えられるのです。週1・2回の注射を4~6回続ける。これで花粉症の約1シーズン作用があります。人の血液から作られていますが、血清の中のガンマグロビンのみから抽出しており、エイズウィルスなどは入り込めません。

薬物治療の注意点
病気によっては禁忌となっている薬もあるので、持病のある人はたとえ気軽に買える市販薬であっても、その使用については医師・薬剤師に相談してください。他に薬剤を常用している人や、乳幼児、小児、妊婦、授乳婦も同様です。なんらかの副作用を感じたら、早めに医師・薬剤師に相談してください。作用と副作用とのバランスを考え、作用が不充分なものであったり、眠気などの副作用があまりに日常生活に支障があるようであれば、違う薬および治療法に変更してもらうよう医師に相談することも大切である。

漢方薬による治療
各種の漢方薬による治療も行われています。漢方薬は症状ではなく体質によって薬を選択するので、本格的には専門家の見立てが必要です。体質との相性がよいとかなりの症状の改善が期待できることもありますが、現代医学的に作用が確かめられたものは小青竜湯だけです。病院で処方を受ければ保険が利きます。上記抗ヒスタミン薬などの西洋薬との併用も行われます。症状を抑える即効性の薬のほか、長く飲み続けて体質を変えて根治をねらうとされる種類の薬もあります。多く誤解されているのが、漢方薬なら副作用がないということですが、決してそのようなことはありません。特に小青竜湯や葛根湯に含有されるマオウは、体質または服用量により動悸や血圧上昇などが起こりやすくなります。ただし、抗ヒスタミン薬のような眠気はありません。花粉症によく用いられる漢方薬--葛根湯、小柴胡湯、小青竜湯等