愛甲石田駅徒歩3分 予約不要 保険診療

花粉症注射|厚木 本厚木 愛甲石田【クリニック原】

〒243-0035 神奈川県厚木市愛甲1-3-2

046-250-6995

メニュー

花粉症注射

花粉症注射

ヒスタグロビンとノイロトロピンを併用することにより花粉症注射の有効性が高まります。

ヒスタグロビン注射
ヒスタグロビン注射は非特異的減感作療法と呼ばれ、特定のアレルギー原因物質に対して感受アレルギー疾患を体質から改善する根本治療です。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、体がアレルギー反応を起こしているときは、体内でヒスタミンという物質が作られ、それが過剰な生体反応を引き起こしています。ヒスタグロビンを定期的に注射することでヒスタミンへの抗体をつくり、アレルギー反応でヒスタミンが生産されても、耐性ができて反応を抑えることが可能です。花粉症症状でお悩みの方には非常に有効な治療法です。アレルギー性疾患に作用を持つノイロトロピン注射と一緒に投与すると相乗作用でさらに有効性が高まります。

ノイロトロピン注射
ノイロトロピン注射は花粉症の諸症状を引き起こす神経機構に働きかけ、くしゃみや鼻水、鼻の違和感、眼球のかゆみなどの幅広い症状を鎮静化させます。他の薬との併用も問題ありません。
症状が出始める前にお勧めなのが、副作用が非常に少ないステロイドなしの注射です。花粉症やアレルギーの原因になるヒスタミンをブロックします。
花粉症注射は、花粉症の主な症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状も抑えることができます。症状は人それぞれですが、どの様な症状にも作用がみられます。