愛甲石田駅徒歩3分 予約不要 保険診療

花粉症|愛甲石田 厚木 本厚木【クリニック原】アレルギー科

〒243-0035 神奈川県厚木市愛甲1-3-2

046-250-6995

メニュー

花粉症

花粉症とかぜ等との見分け方

花粉症はスギだけではなくいろいろな抗原によって1年中発症する可能性がある疾患です。鼻水、のどの痛み、下痢など、風邪と間違えられることがあります。花粉症は目に症状が現れれば、アレルギー性結膜炎鼻の場合はアレルギー性鼻炎となりますが、そのほかにも皮膚のかゆみやただれ、頭重感、頭痛、下痢なども起こります。注射や予防薬によって花粉症のアレルギーをおさえる方法がありますので自分に合った花粉症の治療法を選択することが大切です。

かぜ
花粉症は、水のようなサラサラした鼻水と目のかゆみが特徴的であり、感染症である鼻風邪との鑑別点になります。鼻風邪であれば、一般的には目のかゆみはなく、数日のうちに鼻水は粘性の高いものになり、さらに黄色や緑など色のついたものとなります。また、屋外のほうが花粉が多いため、おのずと症状も強くなるという点も風邪との違いです。

他のアレルギー
非常に似通った症状ですが、屋内のほうが症状が強い場合、ほこりなどのハウスダスト等によるアレルギー性鼻炎を疑ったほうがよいかもしれません(一般に「アレルギー性鼻炎」と言った場合、こうしたハウスダスト等による通年のアレルギー性鼻炎のことを指すことが多くあります)。スギ花粉飛散の前から症状を呈する患者も多くいますが、実際にごく微量の花粉に反応している場合だけでなく、季節特有の乾燥や冷気によるものもあると考えられます。一般の方は自己診断に頼らず、専門家の診断を受けることが望ましいとおもいます。

花粉症と喘息
喘息様発作については、咳が多く出たり呼吸能の低下がみられ、重症例では呼吸困難になることもあります。そうなった場合は無理をせずすみやかに救急医療機関を受診するか救急車を呼んでください。従来は、花粉の粒子サイズから、それらは鼻で捕らえられるために下気道の症状である喘息などは起きないとされていましたが、近年の研究でスギ花粉の周りにオービクルまたはユービッシュ体と呼ばれる鼻を通過するサイズの微粒子が多数付着していることがわかり、それらを吸引することで喘息が起こり得ることがわかってきました。二次飛散を繰り返すうちに細かく砕かれる花粉もあるとの推測もあります。

花粉症とアナフィラキシー
花粉のアレルゲン性の高さも異なり、花粉の種類と量によっては、まれにアナフィラキシーショックを起こすこともあります。重症者や、特に喘息の既往症のある患者は、激しい呼吸によって多量の花粉を吸引するおそれがあるような運動はなるべく避けるべきでしょう(スギ花粉のアレルゲン性はそう高くはありません)。